ホーム>会社情報>CSR活動・環境への取り組み>社会貢献活動

社会貢献活動

日立物流グループは、良き企業市民として、より良い社会を実現するため、社会貢献活動を積極的に推進しています。

日立物流グループ「まごころ基金」制度

主旨に賛同する役員・従業員を会員に、2008年4月に発足したマッチングギフト制度です。
会員が毎月給与から100円拠出し、寄付活動をする際に会社が同額を上乗せ(マッチング) し、従業員の気持ちを会社が応援する、従業員と会社が一体となった活動です。
2010年度より、国内グループ会社も加わり、毎年各分野に貢献活動を実施しています。

活動分野:①交通安全・交通事故防止
②環境再生・環境保全
③地域貢献・社会福祉

活動事例:<2013年度>

交通安全・
交通事故防止分野
・全国の事業所周辺の自治体を中心に交通安全紙芝居(全178セット)を寄贈しました。
・愛知県弥富市、尾張旭市、小牧市に交通安全注意看板等を寄贈しました。
・(公財)交通遺児育英会を支援しました。
環境再生・
環境保全分野
・(公財)オイスカの「子供の森」計画を支援しました。
・NPO法人緑化ネットワークの緑化事業を支援し、中国ホルチン砂漠に「日立物流まごころ  基金の森」を造林しています。
地域貢献・
社会福祉分野
・全国の事業所周辺の自治体を中心に車イス を寄贈しました。
・日本アイススレッジホッケー協会を支援しました。
・(公財)日本国際民間協力会のフィリピン台風被災地支援活動を支援しました。

教育支援・人材育成活動

日立物流交通安全教室 開催

持続可能な社会に向け、次世代を担う「人」の育成に努めています。

未来ある子供たちの生命を交通事故から守り、また命の大切さを 伝えるため、当社千葉県松戸市内に所有の保有施設を利用して、近隣の小学生を対象に「交通安全教室」を実施しています。

  • 内容
  • 死角体験
  • 内輪差実験
  • 制動距離実験

写真死角体験

写真制動距離実験

職場体験・インターンシップ受入

実社会での就労経験を通して責任感や自主性を培い、礼儀やマナーを理解してもらうことを目的に職場体験やインターンシップを受入れています。
写真 物流センター内作業風景

地域貢献活動

地域の一員として地域社会の活性化に向けコミュニケーションを大切にしています。

日立物流フットサル大会 開催

千葉県野田市の物流センター併設の当社フットサル場を活用し、スポーツを通じて喜び・悔しさ・チームワークを学び、成長してほしいとの思いを込め、「日立物流フットサル大会」を開催しています。

出場選手 試合風景

海外での活動

アメリカロサンゼルス地区では、缶詰やおもちゃを持ち寄って地域に寄付をするフードドライブ・トイドライブなど、従業員およびその家族が各種ボランティア活動を実施しています。
写真 トイドライブ

社会福祉

献血活動

日本赤十字社に協力し、日本国内の各事業所や中国において定期的に従業員による献血活動を実施しています。

エコキャップ推進活動

オフィスや事業所から出るペットボトルのキャップ(ふた)を回収し、NPO法人を通して、リサイクルし、その収益からポリオワクチンを世界の子供に届ける活動(エコキャップ推進活動)に協力しています。

社員ボランティア活動

事業所周辺美化活動

地域の一員として、本社をはじめ全国各地の事業所・グループ会社では、定期的に事業所周辺美化活動を行っています。
また、近隣の駅周辺や自治体主催の美化活動にも参加しています。
写真写真

収集活動

本社をはじめグループ会社では、身近で簡単に取り組める社会貢献活動として、各種収集活動に取り組みNPO法人/ NGO法人等に寄付しています。
 収集内容:使用済み切手、使用済みプリペイドカード、書き損じはがき など

ページトップへ
株式会社日立物流 © Hitachi Transport System, Ltd. 2005, 2016. All rights reserved.